ETFがほぼ確実に儲かると言われる理由

1919年から2020年の間に、ベンチマークであるS&P500(SNPINDEX:^GSPC)の20年間のトータルリターン(=配当を含む)がマイナスになったことは一度もありません。

つまり、長期的に投資を続けることができれば、市場の底値で買おうが、ピークで買おうが、その中間で買おうが、ほぼ確実に儲かるということだ。

つまり、お金を稼ぐ方法はたくさんあるのですが、その中でも特に有効な方法があります。多くの人は、個々の企業の株式を購入することを選択します。

しかし、誰もがリサーチに時間を割けるわけではないし、投資先の多様性に欠けることに対処できるわけでもありません。そこで登場するのが、ETF(Exchange-Traded Fund)です。

ETFとは、株式と同じように取引される証券でありながら、数十から数百の株式や債券の株式を保有するものです。

これにより、投資家は瞬時に分散と集中を選択することができます。

最も重要なことは、ETFは個々の企業を所有するよりも変動が少ないことです。

やや退屈に感じられるかもしれませんが、確実性の高い投資商品だと考えています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク