マルケタの成長戦略 世界トップクラスの収益成長を実現

決済処理会社のMarqeta (NASDAQ:MQ)は、新規株式公開(IPO)でポップし、13%上昇して30.52ドルの株価で終了しました。同社は12億3,000万ドルを調達し、評価額は160億ドル強となった。同社の主要な業績と今後の展望についてご紹介します。

ライバルを引き離すMarqeta社

IPOは一般的に不採算であるが、低金利・低成長の環境下では、不採算のIPOにも寛容な環境となっている。

成長が乏しい分、成長に対するプレミアムが高まっているからです。

ビジネスのファンダメンタルズが重要であるべきだと考えており、長期的にはファンダメンタルズが重要であることを示しています。

この点において、Merqata社は自分自身を誇示しているわけではありません。

同社のS-1/Aファイリングを見ると、世界トップクラスの収益成長を実現しながらも、利益を生み出すことができていません。

2020年、同社は純収益を前年比で103%増加させ、2019年の1億4300万ドルから2020年には2億9000万ドルまで成長させた。

歴史的に見ても、1年間の収益複合年間成長率(CAGR)が45%以上の企業は、世界中で5.5%しかありません。

しかし、先に述べたように、Marqeta社の収益成長は利益を生まない。同社の株主帰属純損失は2020年に4800万ドルとなり、2019年の1億2200万ドルから改善した。

Marqetaは、Affirm、DoorDash、Instacart、Square、Uberなどの印象的な顧客ポートフォリオを持っていますが、2020年の同社の純収益の70%はSquareに帰属しており、2019年の60%から上昇しています。

論理的には、株主が利益を得られない会社は、価値を破壊する会社です。

Marqeta社の2020年の投下資本利益率(ROIC)は-19%で、2019年の-34%から改善した。決済処理会社の税引き後利益(NOPAT)率は、2020年時点で-16%だった。

これらの数字は、同業他社の営業成績には及ばない。

投下資本回転率で測ったMarqetaのバランスシート効率は、PayPalを除くライバル企業よりも優れている。

ROICとNOPATマージンの点では、Marqetaはライバル企業を引き離している。

Marqeta社は過大評価されている

同社の株価は過大評価されている。実際、当初目標としていた株価レンジでさえ、過大評価されていた。

株価は期待値のシグナルであり、当初の株価レンジの中間点である22ドルでは、市場はMarqetaがNOPATマージン13%を獲得し(同社が獲得した-16%や同業他社の平均である13%と比較して)、8年間で純収益を複利で42%成長させると予想していました。

市場の予想はさらに、同社が48億ドルの純収益を得ることを意味しており、これは同社が2020年に稼いだ額の16倍であり、世界の決済が過去12ヶ月(TTM)に行った額の64%に相当します。

同社の本源的価値は、現在の株価よりも9ドルに近い。

優れた投資とは、何年も放っておいても、自分の投資が安全であることを知って満足できるものです。

Marqetaは安全な投資とは言えませんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク