ウーバー・テクノロジーズ(NYSE:UBER)の株価・リアルタイムチャート

Uber Technologies, Inc. (通称Uber)は、ハイヤー用の車両、食品配達(Uber Eats)、小包配達、宅配便、貨物輸送、そしてライムとの提携により、電動自転車や電動スクーターのレンタルを提供している企業です。

ウーバー・テクノロジーズの株価・チャート


企業概要

ウーバー

Uberはギャレット・キャンプトラビス・カラニックによって2009年に設立された、配車アプリの運営企業。

同社はサンフランシスコに本社を置き、世界900以上の都市圏で事業を展開している。

ギグエコノミーの最大手プロバイダーの一つであり、自動運転車の開発のパイオニアでもある。

Uberの月間アクティブユーザー数は全世界で1億1,000万人以上と推定されている。

米国ではライドシェアで67%、フードデリバリーで24%のシェアを持つ。

Uberはシェアリングエコノミーの中であまりにも突出した存在であり、それによる産業の変化はuberisationと呼ばれており、多くのスタートアップが自社製品を「Uber for X」と表現している。

類似企業と同様に、Uberもドライバーを独立した契約社員として扱っていること、タクシー事業の混乱、交通渋滞の増加などで批判されてきた。

前CEOのトラビス・カラニック氏のリーダーシップの下にあったとき、同社はいくつかの非倫理的な行為で批判された。

製品概要

Uberは輸送サービスを提供するのではなく、独立したドライバーを顧客に割り当てる条件と、ドライバーが稼ぐ取り分を含めて顧客に請求される価格を決定する。

このスキームを容易にするために、Uberはダイナミック・プライシングモデルを利用している。

ただし、顧客には事前に運賃や配送料が提示される。

サービスへのアクセスは、一般的にモバイルアプリを介して行われます。ユーザーは、名前、電話番号、その他の情報、および支払い方法の好みを含む個人プロフィールを設定しますが、これにはクレジットカード、電子商取引による支払いシステム、または場合によっては現金が使用されます。

サービスが完了した後、顧客はドライバーに謝礼を提供するオプションを与えられる場合があり、これも顧客の支払い方法に請求される。

ドライバーの独立した契約者としての地位は未解決の問題である。ドライバーは車両を提供しますが、それは所有、レンタル、リースのいずれかになります。

ドライバーは、年齢、健康状態、車の年式や種類などの要件を満たし、運転免許証とスマートフォンやタブレットを持っていなければならず、身元調査に合格しなければならない場合もあります。

多くの都市では、車両は年に一度の安全点検に合格しなければならず、および/または助手席の窓にエンブレムを掲示しなければならない。

一部の都市では、運転手に営業免許証の所持を義務付けている場合もある。

聴覚障害のある運転手のための宿泊施設がある場合もある。

運転手は、45分を超える場合は、旅行を受け入れる前に通知を受けることができる。

各取引の後、運転手と顧客はお互いに評価し合うことができ、評価の低いユーザーは利用を停止されることがある。

価格オプション

Uberによると、米国ではアップフロント価格は、予想される旅行の長さと期間に基づいています。

推定値は、需要パターンや交通量などの現実の要因に基づいて変動することがある。

Uberは、すべての旅行の価格設定だけでなく、供給側の分配メカニズムも絶対的にコントロールしている。

2020年1月、Uberはカリフォルニア州の一部のサービスエリアで、サンタバーバラ、サクラメント、パームスプリングスの各空港のドライバーが、UberXとUberXLの旅行について、Uberの基本料金、時間料金、距離料金の倍数に基づいてフェアを設定できるようにする新しいテスト機能をリリースした。

価格固定の影響

カリフォルニア州の一部の地域でドライバーがUberの基本料金の倍数を設定できるようにする措置の一環として、Uberはドライバーへの指示の中で、「ライドシェアドライバーを含め、誰もが価格設定に関与することは、州法および連邦法の下で違法である」と述べている。

これには、(空港のステージングロットやその他の場所で)他のドライバーと価格設定や急増価格について合意したり、調整したりすることが含まれます。

法律では、ドライバーは価格設定やサージ価格について自分で決定しなければならないと定められている」

価格固定の目的は、相互利益のために価格設定を調整することである。価格固定は独占禁止法違反であり、「それ自体が」不合理な取引制限とみなされる。裁判所は、価格固定には正当な正当性がなく、競争上の有益な目的を欠いており、したがって、その合理性、経済的正当性、またはその他の要因をさらに分析することなく、違法とみなされるべきであると理屈をつけてきた。

カリフォルニア州では、Uberは公益事業であり、カリフォルニア州公益事業委員会の管轄下で運営されています。

カリフォルニア公益事業委員会は、Uberの「パートナードライバー」が提供する輸送サービスの料金設定など、管轄内の公益事業を規制している。

Uberは州法上、輸送ネットワーク会社とみなされている。

カリフォルニア州最高裁判所は、州公益事業委員会がその料金を管轄するとの判決を下し、過去7年間、ライドハイリング会社の料金設定手順を研究してきたが、料金を規制するために行動を起こしたり、その意図を発表したりしていない。

サービスオプション

基本的なレベルのサービスであるUberXは、最大4人までの乗客のためのドライバー付きの普通車でのプライベートライドが含まれています。

場所に応じて、Uberは他にも様々なレベルの輸送サービスを提供しており、以下のような価格で提供しています。

黒の高級車、新しいまたはプレミアムレベルの車、革シートの車、スポーツ多目的車、ミニバン、バン、スズキ・アルト、ハッチバック、電気自動車、ハイブリッド車、オートバイ、オートリキシャ、実際のタクシー、同じ一般的な方向に行く他の乗客との低価格の共同輸送(新型コロナウイルスの感染拡大中は中断)、チャイルドシート、ペット輸送、保証されたスペイン語を話すドライバー、高齢者や身体障害者の乗客への追加支援、車いすでの移動が可能なバンなどがある。

介助動物を飼っている人は、法律で定められている通り、あらゆる種類のUberサービスを利用することができる。

Limeとの提携により、ユーザーはJumpの電動自転車や電動スクーターを借りることができる。

Lime

Uberは、米国の医療従事者に、患者の予約のための送迎車を手配するためのHIPAAに準拠した方法を提供している。スマートフォンを持っていない患者は、テキストメッセージングを介して、または医療専門家のオフィスを介してピックアップ情報を受け取ることができる。

航空・舟運サービス

HeliFliteが運営するUber Copterは、マンハッタンとジョン・F・ケネディ国際空港間で8分間のヘリコプターフライトを提供しており、1人あたり約200ドルである。

開発中のUberAirは、VTOL機を使った短距離飛行を提供する。2020年にダラスとロサンゼルスで実証飛行が開始される予定である。商業運航は2023年に開始されると予測されている。

Uber Freightは、乗客と運転手のマッチングと同様の方法で、貨物の荷主とトラック運転手をマッチングしている。

地元のオペレーターとの提携により、Uberはピークシーズンにクロアチア、マイアミとイスタンブールを含むいくつかの場所でボート輸送を提供した。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク